千鳥橋渋滞/チューリップ【福岡のご当地ソング】

今回は、1972年のチューリップのナンバー。「千鳥橋渋滞」 この千鳥橋、他の方のブログを見ると、 千鳥橋は大動脈の国道3号線から、福岡の都心部へ入る最初の交差点でした。当然、慢性的に渋滞をしていましたが、今は都市高速道路や湾岸道路が出来たので、…

新木場発、銀河鉄道/ウソツキ【東京のご当地ソング】

ロックバンド、ウソツキの「新木場発、銀河鉄道」。ファンタジーを連想するタイトルだけど、ちっともそうじゃない。 僕の街と 君の住む街を 唯一繋ぐ 銀河鉄道新木場発 下北沢へ その列車に 揺られてく 降り間違え ないように 慎重に慎重に 駅を数えてく 代…

テングサの歌/谷山浩子【和歌山のご当地ソング】

今回は、和歌山の曲を1つ。谷山浩子の「テングサの歌」です。歌の舞台は、JR紀勢本線岩代駅。JR紀勢本線は、三重の亀山駅から和歌山の和歌山市駅までを結ぶ路線。紀伊半島をぐるりと回る路線ですね。 歌詞の内容は、とんでもなく独特で。人類滅亡後の世界で…

横須賀ストーリー/山口百恵【横須賀のご当地ソング】

伝説のアイドル山口百恵の代表作の1つにして、横須賀ソングのマスターピース。「横須賀ストーリー」です。 幼少期を横須賀で過ごした山口百恵のための歌であり、だからこその重みがあります。サビの最後はすべて「ここは横須賀」という言葉で結ぶのですが、…

二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド/THE BOYS&GIRLS【世田谷のご当地ソング】

今回の曲は、THE BOYS&GIRLSの「二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド」。邦ロックの歌詞の中に、他の邦ロックのアーティストであるゴーイングアンダーグラウンドの名前が出てくる、なんとも珍しい一曲です。 この歌では、夜になった二子玉川あたりでゴーイ…

Na・De・Na・Deボーイ/スピッツ【東京のご当地ソング】

スピッツの「Na・De・Na・Deボーイ」スピッツでたまにある、ちらりと地名が出てくる歌です。 一番のメロの歌詞がこんな感じ。 彼女は野生の手で 僕をなでてくれたんでごちゃまぜだった情念が一本化されそうだイッキ飲みエスプレッソ HP増えていってんぞ明大…

今夜はから騒ぎ/東京事変【東京のご当地ソング】

東京の化身とも言える椎名林檎率いる東京事変の一曲「今夜はから騒ぎ」 聞き慣れない言葉を織り交ぜた言葉遊び メロディと歌詞に満ちる憂い そして、紀尾井町や溜池山王という街のチョイス とっても椎名林檎らしい、とんでもなくアダルトな雰囲気です。東京…

帰ってこいよ/松村知子【青森のご当地ソング】

青森のご当地ソングとして、堂々たる存在感のある一曲。松村知子の「帰ってこいよ」 都会に出ていった恋仲の娘に向けて「帰ってこいよ」と、祈りの言葉をかける津軽の男。そんな男と津軽の大地を、壮大な演歌で歌い上げます。 きっと帰ってくるんだとお岩木…

アキハバライフ♪/でんぱ組.inc【東京のご当地ソング】

僕の愛する、でんぱ組.incの曲。 6人体制が崩れるまでは、ライブも行ったり、新曲もチェックしたり、熱心に追いかけていました。ねむきゅん推しでしたが、卒業後にバカリズムと結婚してしまいました。寂しい。 さて今回の曲は、彼女らの下積み時代のホームタ…

他の星から/乃木坂46【東京のご当地ソング】

二日連続で、乃木坂46の曲のご紹介となります。今回は「ガールズルール」のカップリング曲として収録されている「他の星から」です。 飯田橋の駅を降りて気付いたいつもと同じだけど私にはわかるんだ 法律がどう変わってもいい紀の善のあんみつ食べられれ…

立ち直り中/乃木坂46【東京のご当地ソング】

失恋した女性が、思い出の地である永福町を訪れる歌。乃木坂46の「立ち直り中」。永福町は、東京都杉並区に位置し、京王井の頭線で明大前から1つ吉祥寺側の駅です。 永福町駅から道路渡って 大勝軒の脇の道を歩く十字路曲がって坂を下りれば あなたの家と…

お猿のかごや/童謡【小田原のご当地ソング】

一歳半になる息子と一緒に、よく歌を歌います。ここ1年で、童謡の引き出しがかなり増えましたよ!そんな童謡から、ご当地ソングとしても名を馳せる「お猿のかごや」を紹介します。 ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん 発売日: 2017/10/01 メ…

ボサ箱根/ゆず【神奈川のご当地ソング】

温泉って地域の資源そのものだから、地域らしさをめっちゃ象徴しているのに、温泉にまつわるご当地ソングって少ないんですよね。「いい湯だな」に次ぐ温泉ソングが出てきてほしいところ。 そんな訳で、今回はゆずの「ボサ箱根」 ボサノヴァ風のゆるめのテン…

山手線/平手友梨奈【東京のご当地ソング】

欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」のBサイド曲「山手線」。既に脱退してしまったエース、平手友梨奈ちゃんのソロ曲でもあります。 自分を探して、山手線を回り続ける様子が歌われます。 環状線という山手線の特徴を活かした表現であり、そし…

LOVE YOKOHAMA/横浜西59【神奈川のご当地ソング】

ご当地ソングの発信元としては、「住民視点」の歌がほとんど。一部には、県歌や市歌のような「公視点」もあります。そしてそして、さらに特例として「地元企業視点」というのがありえます。 そんなわけで、横浜市民御用達の高島屋横浜店がお届けする「LOVE Y…

志村けんの全員集合 東村山音頭/ザ・ドリフターズ【東京のご当地ソング】

収まることのない新型コロナウイルスの影響の中、志村けんさんの訃報が飛び込んできました。 私も小さい頃、カトちゃんケンちゃんのテレビを笑いながら見て育ったので、かなりショッキングなニュースで…。視聴者の映像投稿コーナーが好きで、いつか投稿した…

若草山スターマイン/BURNOUT SYNDROMES【奈良のご当地ソング】

最近はまっている、BURNOUT SYNDROMES。今回の曲は、奈良の若草山で1月に行われる冬の行事「若草山山焼き」の花火大会を歌ったもの。その名も「若草山スターマイン」。 花火そのもの、祭り自体の心を歌っている曲です。これこれー!この手のいいのよね! お…

TOKAKUKA/秋山竜次【各地のご当地ソング】

この施設はどこが事業主なんだろう。都なのか?区なのか??…それが気になる。 そんな無意味な問答を歌った怪曲。ロバート秋山の「TOKAKUKA」 次から次へ公共施設が登場して、ロバート秋山が事業主を予測していきます。 MVで聞くのが多分一番楽しいね。 中で…

神戸在住/BURNOUT SYNDROMES【兵庫のご当地ソング】

BURNOUT SYNDROMESの「神戸在住」 大阪で飲んで、終電で神戸に帰る様子を歌った歌です。次々と思い出される神戸の町並に合わせて、微妙な関係の男女の悩みが歌われます。 言葉回しと淡々とした音楽から、グルグルと堂々巡りに悩んでいる様子、さらには酔いが…

優しいあの子/スピッツ 【北海道のご当地ソング】

2019年にNHKで放映していた朝ドラ「なつぞら」のテーマソング、スピッツの「優しいあの子」 朝ドラは、特定の地域が、主人公の故郷として設定されるので、その度に地域おこしが行われますね。「朝ドラの舞台になりました!」って。 この「なつぞら」は北海道…

渋谷で5時/鈴木雅之&菊池桃子【東京のご当地ソング】

鈴木雅之&菊池桃子という変わった組み合わせでお届けする、1993年のデュエットナンバー「渋谷で5時」 渋谷で、これからデートするぜー!っていう男女の様子を歌った曲です。渋谷ソングって、体感的にバブル以降に増えた気がするこら、これは古い部類の渋谷…

happy ending/槇原敬之【大阪のご当地ソング】

大阪万博跡地にあった遊園地、エキスポランドを舞台にした曲。槇原敬之の「happy ending」 幼い頃、遊園地であった悲しい出来事を、大人になって塗り替えていくストーリーになってます。遊園地って子供が大好きな場所だから、幸せな思い出の象徴・懐かしむ対…

阪急電車2DK/コレサワ【大阪のご当地ソング】

コレサワの「阪急電車2DK」 ダメンズが好きそうな匂いの女性の歌です。実家暮らしで、浮気っぽく、自分の事もしない男に対して「私がちゃんとするから一緒に暮らそうよ」という、破滅的なお誘いをします。おそろしや… お金もない若いカップルが、はじめて同…

原宿午後6時/フレンズ【東京のご当地ソング】

神泉系バンドの異名を持つフレンズ。神泉と言えば、シャレオツな飲み屋がたくさんあるエリア。そんな雰囲気のある曲が魅力です。 今回はフレンズから「原宿午後6時」 夜の原宿デートを楽しむ男子の歌。女の子ご相手に随分とお熱なことが伺える歌詞になって…

なのにあなたは京都へ行くの/チェリッシュ【京都のご当地ソング】

今回は、チェリッシュの「なのにあなたは京都に行くの」 チェリッシュは小さい頃、昭和記念公園で生で見ました。親が好きそうでしたね。僕も結婚パーティの入場曲に使ったり、愛着のあるアーティストです。 さて、この曲。京都に旅立つ恋人を惜しむ、女性視…

女ひとり/デューク・エイセス【京都のご当地ソング】

ご当地ソング関連ニュースから。 数々のご当地ソングも手掛けてきたコーラスグループ、デューク・エイセスのメンバーの吉田さんの訃報です。 記事の中では、デューク・エイセスの代表曲として「いい湯だな」「女ひとり」が紹介されていました。「いい湯だな…

瀬戸内 小豆島/水森かおり【香川のご当地ソング】

最近のご当地ソングトピックス。 ご当地ソングの女王といわれる水森かおりがデビュー25周年の中、新曲「瀬戸内 小豆島」をリリースしたよー、という記事。 最近、小豆島は作品の舞台になることや、地域活性化で話題になることが多く、注目が高まっている場所…

summer FM/GLAY【千葉のご当地ソング】

GLAYの「summer FM」。1999年の、FMをモチーフにしたラブソングです。 歌詞の中には「稲毛の浜」というフレーズが出てきます。 あまり、GLAYと千葉が繋がっているイメージはありませんよね。稲毛は、ボーカルのTERUがbayFMの番組「TERU ME NIGHT GLAY」をやっ…

炎と森のカーニバル/SEKAI NO OWARI【神奈川のご当地ソング】

2月8日のラジオ放送は「遊園地」をテーマにお届けしました。 遊園地が出てくる歌で、ご紹介できなかったこんな曲もあります。それがSEAKI NO OWARIの「炎と森のカーニバル」 歌詞の中ではセカオワらしいファンタジーな世界が展開されますが、歌詞の冒頭で …

恋の山手線/小林旭【東京のご当地ソング】

小林旭、昭和39年の名曲「恋の山手線」 山手線の駅名にひっかけた恋の歌で、語呂合わせが無理矢理で楽しいコミックソングです。この語呂合わせ、クオリティが大分まちまち。 デート誘いに池袋 日暮里笑ったあのえくぼ あたりは、うまいこと言っているけど 駒…