Jロック

江ノ島エスカー/ASIAN KUNG-FU GENERATION【神奈川のご当地ソング】

アジカンのアルバム「サーフ ブンガク カマクラ」。 このアルバムは、江ノ島電鉄の駅名を冠する曲だけで構成されているんだけど、江ノ島駅の名を持つ曲が、今回紹介する「江ノ島エスカー」。歌詞は、言葉が少なくカタコトな感じですが、埼玉のうぶなヤンキー…

どすえ~おこしやす京都~/ヤバイTシャツ屋さん【京都のご当地ソング】

京都文化は、よくメディアで取り上げられますよね。 周辺の関西圏を見下すプライドの高さや、それに基づいたいけず文化の話なんか特に。現代ビジネスからの引用ですが、言葉の裏を読み取らないといけないようです。こんなん全部気にしていたら、何を信じてい…

石巻復興節/くるり【宮城のご当地ソング】

2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、多くのアーティストが、売上げを支援に回すというチャリティソングをリリースしました。 そのため「復興」をテーマにした曲はたくさんあるのですが、地域を明確にした曲となると意外に絞られてきます。今回の曲は…

Supernova Express 2017/GLAY【北海道のご当地ソング】

今回の曲は、第4回のラジオ放送で紹介もしていた「Supernova Express 2017」です。 この曲は2016年に、新函館北斗駅まで開通した北海道新幹線のキャンペーンソングになった曲です。新幹線開通という国のビッグイベントの顔として、そして北海道の魅力を伝え…

Over the River/スネオヘアー【埼玉のご当地ソング】

スネオヘアーによる川越を舞台にした曲「Over the River」です。 スネオヘアー自身が学生時代に川越に住んでいた体験があるとの事で、その時の気持ちがベースになっているのでしょうか。 タイトルも地名にかけて River:川 Over:越えとなっています。 細道…

Winter,again/GLAY【北海道のご当地ソング】

GLAYは函館出身のバンドということで、これまで冬の景色をたくさん歌ってきました。そんな彼らの冬の代表曲といえば「winter,again」 生まれた街のあの白さをあなたにも見せたい この名フレーズが印象的ですね~。雪深い地元への愛を感じます。「雪と同じく…

赤い電車/くるり【神奈川のご当地ソング】

「赤い電車」それは、京浜急行電鉄。今回の曲は、くるりの「赤い電車」ですっ! 通るエリアは、品川、羽田、鎌田、川崎、横浜、さらにその先の三浦半島まで。大きな駅も通るのですが、とてもレトロであか抜けない、渋めの路線です。 歌詞の中では でっかい東…

平和島/B-DASH【東京のご当地ソング】

地域名をタイトルにした歌は、その場所への愛や、そこを舞台にしたストーリーが歌われている事が多いです。だけど時には歌と場所のつながりが分からないものもチラチラ。アーティストの制作時の狙いが全て分かればいいんだけど、昔の作品だと追いきれなかっ…

響く都/ROTTENGRAFFTY【京都のご当地ソング】

「古都のドブネズミ」の異名を持つロットングラフティー。京都発のバンドである彼らが、地元を歌った「響く都」をお届けいたしましょう。この「響く都」、軽快なバンドサウンドに乗せて、京都ワードを歌い鳴らすめっちゃご機嫌な曲です。京都を「クラシック…

I love you & I need you ふくしま/猪苗代湖ズ【福島のご当地ソング】

東日本大震災直後に収録・配信された福島県会津若松市出身の、サンボマスターのボーカル・ギター山口隆の作曲作詞の曲です。 福島への、郷土への強い愛を歌った曲。あまり言葉では福島のことは説明せず、気持ちをメインに歌った内容なので、言葉にならない、…

地元賛歌/カラーボトル【宮城のご当地ソング】

仙台出身の3ピースバンド、カラーボトル。彼らの曲の中でも、仙台近辺の地域色がひときわ豊かな「地元賛歌」を紹介いたします。地元の友達や郷土への愛を歌った歌で、とてもマイルドヤンキー的な世界を描いています。 歌詞中に出てくるローカルな地名に加え…

西藤公園/back number【群馬のご当地ソング】

群馬出身の3ピースバンド back number。女々しくも愛おしい歌を歌わせたら、彼らの右出る者はいません。無双です。 あと、冬の歌も強いですね。毎年、心にしみるウインターバラードを届けてくれます。まるでサンタクロースの様。ホーホーホー。 今回の歌は…

神戸駅/ガガガSP【兵庫のご当地ソング】

駅は、誰かと再会する場所・待ち合せをする場所です。これすなわち、駅は出会いの場所ということです。その一方で、楽あれば苦あり。出会いあれば別れあり。切ないことに、旅立ちや別れの舞台にもなります。 さて今回の歌。アーティストはガガガSP。彼らは…

天王寺に住んでる女の子/ヤバイTシャツ屋さん【大阪のご当地ソング】

駅や路線をうたったご当地ソング、めっちゃあります。「〇〇線」とか「〇〇駅」ってタイトルの歌。 知ってる路線であれば、細かい情景にピンとくる楽しさがあるし、知らないところでもそれはそれで、沿線あるあるを知れる魅力があります。 そんな中、今回の…

風林花山/G-FREAK FACTORY【群馬のご当地ソング】

群馬出身のバンドG-FREAK FACTORYは、群馬のロックフェス「山人音楽祭」も主催する、まさに群馬の化身といえるバンドです。 また、マンガ「お前はまだグンマを知らない」は、群馬在住の井田ヒロト氏による、群馬のご当地情報をベースにしたギャグ?漫画。web…

悲しみ一つも残さないで/amazarashi【青森のご当地ソング】

今回は、amazarashiが2017年末にリリースしたアルバム「地方都市のメメント・モリ」の中の「悲しみ一つも残さないで」を紹介します。amazarashiの故郷でもある、青森が舞台となっている曲です。 歌詞の中の「旅行く人」「別れ」「始発駅」「青森駅」といった…

かくれキリシタンゴ ~Believe~ feat. MC母上/レキシ【長崎のご当地ソング】

長崎はご当地ソングがとても豊富な県です。 地理的にも歴史的にも、とっても特徴の多い場所だからでしょうか。パッと思い浮かぶ長崎のキーワード… ちゃんぽん、夜景、港町、皿うどん、 ランタンフェスティバル、出島、 グラバー園、平和、などなど 色んなキ…

種/GO!GO!7188【鹿児島のご当地ソング】

僕が高校生の頃、ラジオなんかでよく聞いたバンド GO!GO!7188。スゴイ流行ったわけではないけど、僕の世代の人なら代表作の「こいのうた」は聞いたことある人も多いんじゃないでしょうかね~。 去年バンド活動をはじめて、練習曲を探している時に知りました…

富士山/電気グルーヴ【山梨のご当地ソング】

これを書いている週末に、日本最大級の音楽イベント「フジロックフェスティバル18」が、新潟県の湯沢町で開催されました。台風、大丈夫だったんでしょうか? 私、フジロックは参加したことがないのですが、フェス当日の越後湯沢駅なら行ったことあります。駅…

伊豆あたりに/GOING UNDER GROUND【静岡のご当地ソング】

GOING UNDER GROUNDに出会ったのは、高校時代かな。2000年台頭デビューだから、そうだね合ってるね。そのくらいだ。 その後、しばらく遠ざかっていて、ふと思い返して聞き出して、また忘れたように離れていたけど、忘れたころに少しして聞き出したりして。僕…

88/打首獄門同好会【四国のご当地ソング】

打首獄門同会は、マキシマムザホルモンばりのハードな楽曲の印象とは裏腹に、ささいな日常をコミカルに歌った曲がたくさんあって、ホルモンとはまた違った、とっても愛らしいバンドとなっています。 今回紹介する「88」は、四国八十八か所巡り、いわゆるお…

稚内/galileo galilei【北海道のご当地ソング】

稚内出身のバンド galileo galilei(ガリレオ・ガリレイ)。現在は解散してしまっている彼らの故郷である「稚内」をそのまま冠した曲です。 歌詞の中では具体的な地名どころか、町の様子などは一切出てこず、デビュー前の彼らの心情つまり稚内で暮らしていた…

大宮サンセット/スピッツ【埼玉のご当地ソング】

スピッツはチラチラと地域性のある曲を出していますが、大都市ながらあまり歌の舞台にならない大宮も扱っています。それが「大宮サンセット」。 この街で俺以外 君のかわいさを知らない今のところ俺以外 君のかわいさを知らないはず とてもやわらかいメロデ…

さわって・変わって/スピッツ【福岡のご当地ソング】

スピッツの2001年の曲、「さわって・変わって」です。高校生の時に聞いたなぁ、だいぶ前です。 舞台は、ボーカル草野氏の故郷である福岡。歌詞の出だしで 天神駅の改札口で君のよれた笑顔 っていうフレーズをつづり、 3連敗のち3連勝して街が光る がホ…

シャクシャイン/水曜日のカンパネラ【北海道のご当地ソング】

昔ながらのご当地ソングは、地域を舞台にした人間ドラマの歌が多いけど、よくよく聞いてみるとご当地感がないものが結構多いです。かろうじてワンフレーズ地名が入っているか、下手したらタイトルしかご当地性を読み取れないものも多々。。。何とか妄想で、…