ご当地ソング捜索隊

地域を想い、地域を伝える。そんな日本中の歌を集めてます! 【ラジオも放送中!】 府中コミュニティFMラジオフチューズにて、毎月第2,4土曜日 21:00~ラジオ放送も行っています!Listen Radio(http://listenradio.jp/)から是非お聞きください!

Jロック

ぼくの自転車のうしろに乗りなよ/RCサクセション【国立のご当地ソング】

忌野清志郎率いるRCサクセションの曲から、国立駅周辺の大学ライフを彷彿させる一曲をお届けします。 ぼくの自転車のうしろに乗りなよ RCサクセション ロック ¥255 provided courtesy of iTunes 歌のこと タイトル :ぼくの自転車のうしろに乗りなよ アーテ…

詩書きとコーヒー/ヨルシカ【練馬のご当地ソング】

前回に続き、ヨルシカのアルバム「だから僕は音楽を辞めた」の中から「詩書きとコーヒー」を。ヨルシカの楽曲で、地域性を宿す貴重な1曲です。 詩書きとコーヒー ヨルシカ ロック ¥204 provided courtesy of iTunes 歌のこと タイトル :詩書きとコーヒー …

八月、某、月明かり/ヨルシカ【西武新宿線沿線のご当地ソング】

2010年代末に、日本のミュージックシーンにキラ星のごとく現れたアーティスト、ヨルシカ。彼・彼女らの曲から、東京の西武新宿線の小平から西東京近辺が出てくる一曲をご紹介します。 八月、某、月明かり ヨルシカ ロック ¥204 provided courtesy of iTunes …

花火/レミオロメン【鎌倉のご当地ソング】

鎌倉花火大会をモチーフにした歌。とても眩しい鎌倉の夜が描かれた一曲です。 花火 レミオロメン J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes 歌のこと タイトル :花火 アーティスト:レミオロメン リリース :2008年10月9日 収録アルバム:風のクロマ 出てく…

REAL SIGN/G-FREAK FACTORY【群馬のご当地ソング】

群馬の勇、G-FREAK FACTORYが紡ぐ群馬の山岳ロック。こんな熱くクールに、群馬の自然を歌った曲はない、唯一無二の一曲です。 REAL SIGN G-FREAK FACTORY ロック ¥255 provided courtesy of iTunes 歌のこと タイトル :REAL SIGN アーティスト:G-FREAK FAC…

マイホームタウン/浜田省吾【大阪のご当地ソング】

ニュータウンという都市の側面を鋭くえぐった、時代を写す一曲。浜田省吾の「マイホームタウン」が今回の曲です。 マイ ホーム タウン 浜田 省吾 ロック ¥255 provided courtesy of iTunes 歌のこと タイトル :マイホームタウン アーティスト:浜田省吾 リ…

西東京/赤い公園【西東京のご当地ソング】

ガールズバンド赤い公園から、「西東京」をお届けします。 Aメロでは東京のきらびやかな様子を描写。そこからBメロへ進み、都内でありながらも「東京です!」と堂々と言うのがはばかられる西東京自虐を展開します。そしてサビへ。ここでは、彼女らの原風景と…

宮城のうた/カラーボトル【宮城のご当地ソング】

仙台出身のロックバンド、カラーボトル。彼らが満を持して歌う、故郷の歌「宮城のうた」 ゴリゴリにご当地ソング感のあるタイトルですが、歌詞ではご当地性はほどほどです。というのも、歌の世界の舞台は宮城ではなく、離れた場所から懐かしむ形で歌われてい…

南風/レミオロメン【山梨のご当地ソング】

今回は少し変化球な縁のある曲です。解散してしまったバンド「レミオロメン」の名曲「南風」です。 アッパーなテンポでありながらも爽やかなナンバーで、彼らの代名詞「粉雪」「3月9日」に次いだ、代表曲の1つとなっています。この歌は歌詞の中には直接的に…

プロムナード/SAKANAMON【等々力のご当地ソング】

SAKANAMONの「プロムナード」 等々力渓谷とか、二子玉川とか、東急大井町線沿いと、多摩川の景色が歌われている曲です。 私、幼稚園の頃、等々力に住んでいました。そんなこともあり、この歌を聞いていると元風景的なものが広がるんですよ。ほくほく。 そし…

鴨川等間隔/岡崎体育【京都のご当地ソング】

コロナの最中、自粛解除の時期にこんなニュースが出てました。京都の鴨川の名物、カップルが等間隔に河川敷に座る光景が返ってきたというものです。この等間隔を「ソーシャルディスタンスを保っている」と解釈しています。 この、鴨川の伝統的光景を、京都に…

新宿駅/神聖かまってちゃん【新宿のご当地ソング】

こんばんは。最近は、6月にまつわるご当地ソングを紹介しまくるブログと化しています。さて今回は、神聖かまってちゃんの2014年の6thアルバム「英雄syndrome」の収録曲から。ずばりタイトルは「新宿駅」です。 新宿駅にも 6月雨が降る偉そうに立つビル 大し…

私は雨/シド【福岡のご当地ソング】

今日は雨ですね…。本格的に梅雨ということで、引き続き雨にまつわる歌を。ビジュアル系バンドであるシドの「私は雨」 ボーカルのマオが久留米出身なので、天神や百道浜という、福岡都心部の風景が歌われています。 憂いを帯びたメロデイと歌詞が歌謡曲のよう…

極楽寺ハートブレイク/ASIAN KUNG-FU GENERATION【鎌倉のご当地ソング】

梅雨なんでそれっぽい曲を。 アジカンの「極楽寺ハートブレイク」。 アジカンのアルバム「サーフ ブンガク カマクラ」は、全曲が江ノ島電鉄の駅名にちなんでいますが、この曲はその一つ。 紫陽花で有名な、極楽寺を舞台にしています。 曲名の通り、極楽寺で…

ヒカリの街/カラーボトル【仙台のご当地ソング】

仙台出身のロックバンド、カラーボトル。地元を愛し、地元を凝縮した歌をちょいちょい歌っています。 今回の歌「ヒカリの街」は、仙台の冬の名物イルミネーション “光のページェント” を歌った曲です。地域のイベントをモチーフにした歌ってなかなかないけど…

喜志駅周辺なんもない/ヤバイTシャツ屋さん【大阪のご当地ソング】

ヤバイTシャツ屋さんのアルバム「We love Tank-top」の中から。「喜志駅周辺なんもない」です。 なんと身も蓋もない曲名なことか…この喜志駅。大阪市富田林市にあり、近鉄長野線で天王寺近くの大阪阿部野橋駅まで30分弱。まぁまぁな利便性となっています。駅…

新木場発、銀河鉄道/ウソツキ【東京のご当地ソング】

ロックバンド、ウソツキの「新木場発、銀河鉄道」。ファンタジーを連想するタイトルだけど、ちっともそうじゃない。 僕の街と 君の住む街を 唯一繋ぐ 銀河鉄道新木場発 下北沢へ その列車に 揺られてく 降り間違え ないように 慎重に慎重に 駅を数えてく 代…

二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド/THE BOYS&GIRLS【世田谷のご当地ソング】

今回の曲は、THE BOYS&GIRLSの「二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド」。邦ロックの歌詞の中に、他の邦ロックのアーティストであるゴーイングアンダーグラウンドの名前が出てくる、なんとも珍しい一曲です。 この歌では、夜になった二子玉川あたりでゴーイ…

Na・De・Na・Deボーイ/スピッツ【東京のご当地ソング】

スピッツの「Na・De・Na・Deボーイ」スピッツでたまにある、ちらりと地名が出てくる歌です。 一番のメロの歌詞がこんな感じ。 彼女は野生の手で 僕をなでてくれたんでごちゃまぜだった情念が一本化されそうだイッキ飲みエスプレッソ HP増えていってんぞ明大…

今夜はから騒ぎ/東京事変【東京のご当地ソング】

東京の化身とも言える椎名林檎率いる東京事変の一曲「今夜はから騒ぎ」 聞き慣れない言葉を織り交ぜた言葉遊び メロディと歌詞に満ちる憂い そして、紀尾井町や溜池山王という街のチョイス とっても椎名林檎らしい、とんでもなくアダルトな雰囲気です。東京…

若草山スターマイン/BURNOUT SYNDROMES【奈良のご当地ソング】

最近はまっている、BURNOUT SYNDROMES。今回の曲は、奈良の若草山で1月に行われる冬の行事「若草山山焼き」の花火大会を歌ったもの。その名も「若草山スターマイン」。 花火そのもの、祭り自体の心を歌っている曲です。これこれー!この手のいいのよね! お…

神戸在住/BURNOUT SYNDROMES【兵庫のご当地ソング】

BURNOUT SYNDROMESの「神戸在住」 大阪で飲んで、終電で神戸に帰る様子を歌った歌です。次々と思い出される神戸の町並に合わせて、微妙な関係の男女の悩みが歌われます。 言葉回しと淡々とした音楽から、グルグルと堂々巡りに悩んでいる様子、さらには酔いが…

優しいあの子/スピッツ 【北海道のご当地ソング】

2019年にNHKで放映していた朝ドラ「なつぞら」のテーマソング、スピッツの「優しいあの子」 朝ドラは、特定の地域が、主人公の故郷として設定されるので、その度に地域おこしが行われますね。「朝ドラの舞台になりました!」って。 この「なつぞら」は北海道…

summer FM/GLAY【千葉のご当地ソング】

GLAYの「summer FM」。1999年の、FMをモチーフにしたラブソングです。 歌詞の中には「稲毛の浜」というフレーズが出てきます。 あまり、GLAYと千葉が繋がっているイメージはありませんよね。稲毛は、ボーカルのTERUがbayFMの番組「TERU ME NIGHT GLAY」をやっ…

炎と森のカーニバル/SEKAI NO OWARI【神奈川のご当地ソング】

2月8日のラジオ放送は「遊園地」をテーマにお届けしました。 遊園地が出てくる歌で、ご紹介できなかったこんな曲もあります。それがSEAKI NO OWARIの「炎と森のカーニバル」 歌詞の中ではセカオワらしいファンタジーな世界が展開されますが、歌詞の冒頭で …

ホームタウン/My Hair is Bad【新潟のご当地ソング】

My Hair is Badの「ホームタウン」。 マイヘアの地元、上越への至極個人的な思い入れが、ポエトリーリーディングテイストに歌いこまれています。 曲はゆるめの雰囲気ではありますが、上越で過ごした原点を思い返し、更に先へ進もうとする力強い歌です。 上越…

電照菊/かりゆし58【沖縄のご当地ソング】

沖縄愛あふれるロックサウンドが眩しいかりゆし58から「電照菊」を。2019年5月のラジオ放送で、ご紹介した曲です。 電照菊、光で栽培した菊のことです。沖縄以外にも、愛知でも栽培が盛んだそうですね。それでもわかりにくいと思うので、こんな動画を…

休日/Dragon Ash【長野のご当地ソング】

ドラゴンアッシュ2000年のスーパーヒットナンバー「Deep impact」 リリース当時、よく聞いていたラジオ「やまだひさしのラジアンリミテッド」でパワープレイされていたことをよく覚えています。青春の番組や、しみじみ。 さてさてカップリング曲も忘れちゃい…

Welcome to 西宮/キュウソネコカミ【兵庫のご当地ソング】

兵庫県西宮発のコミックバンド キュウソネコカミ。 彼らが、10周年目のネズミ年である2020元日に満を持して放った地元ソング。それが「Welcome to 西宮」僕は常々、キュウソが地域を歌えば絶対楽しいと思って、ずっと待っていたので、曲を見つけたとき「つい…

鬼/クリープハイプ【千葉のご当地ソング】

クリープハイプの「鬼」津田沼の家で、彼女の浮気現場を目撃してしまった歌。 クリープハイプはメッセージ性のある歌も歌っているけど、この歌のような男女の悲喜こもごもこそが真骨頂だよなぁ。気になるのは、わざわざ津田沼という場所を、歌の世界に設定し…