Jロック

新木場発、銀河鉄道/ウソツキ【東京のご当地ソング】

ロックバンド、ウソツキの「新木場発、銀河鉄道」。ファンタジーを連想するタイトルだけど、ちっともそうじゃない。 僕の街と 君の住む街を 唯一繋ぐ 銀河鉄道新木場発 下北沢へ その列車に 揺られてく 降り間違え ないように 慎重に慎重に 駅を数えてく 代…

二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド/THE BOYS&GIRLS【世田谷のご当地ソング】

今回の曲は、THE BOYS&GIRLSの「二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド」。邦ロックの歌詞の中に、他の邦ロックのアーティストであるゴーイングアンダーグラウンドの名前が出てくる、なんとも珍しい一曲です。 この歌では、夜になった二子玉川あたりでゴーイ…

Na・De・Na・Deボーイ/スピッツ【東京のご当地ソング】

スピッツの「Na・De・Na・Deボーイ」スピッツでたまにある、ちらりと地名が出てくる歌です。 一番のメロの歌詞がこんな感じ。 彼女は野生の手で 僕をなでてくれたんでごちゃまぜだった情念が一本化されそうだイッキ飲みエスプレッソ HP増えていってんぞ明大…

今夜はから騒ぎ/東京事変【東京のご当地ソング】

東京の化身とも言える椎名林檎率いる東京事変の一曲「今夜はから騒ぎ」 聞き慣れない言葉を織り交ぜた言葉遊び メロディと歌詞に満ちる憂い そして、紀尾井町や溜池山王という街のチョイス とっても椎名林檎らしい、とんでもなくアダルトな雰囲気です。東京…

若草山スターマイン/BURNOUT SYNDROMES【奈良のご当地ソング】

最近はまっている、BURNOUT SYNDROMES。今回の曲は、奈良の若草山で1月に行われる冬の行事「若草山山焼き」の花火大会を歌ったもの。その名も「若草山スターマイン」。 花火そのもの、祭り自体の心を歌っている曲です。これこれー!この手のいいのよね! お…

神戸在住/BURNOUT SYNDROMES【兵庫のご当地ソング】

BURNOUT SYNDROMESの「神戸在住」 大阪で飲んで、終電で神戸に帰る様子を歌った歌です。次々と思い出される神戸の町並に合わせて、微妙な関係の男女の悩みが歌われます。 言葉回しと淡々とした音楽から、グルグルと堂々巡りに悩んでいる様子、さらには酔いが…

優しいあの子/スピッツ 【北海道のご当地ソング】

2019年にNHKで放映していた朝ドラ「なつぞら」のテーマソング、スピッツの「優しいあの子」 朝ドラは、特定の地域が、主人公の故郷として設定されるので、その度に地域おこしが行われますね。「朝ドラの舞台になりました!」って。 この「なつぞら」は北海道…

summer FM/GLAY【千葉のご当地ソング】

GLAYの「summer FM」。1999年の、FMをモチーフにしたラブソングです。 歌詞の中には「稲毛の浜」というフレーズが出てきます。 あまり、GLAYと千葉が繋がっているイメージはありませんよね。稲毛は、ボーカルのTERUがbayFMの番組「TERU ME NIGHT GLAY」をやっ…

炎と森のカーニバル/SEKAI NO OWARI【神奈川のご当地ソング】

2月8日のラジオ放送は「遊園地」をテーマにお届けしました。 遊園地が出てくる歌で、ご紹介できなかったこんな曲もあります。それがSEAKI NO OWARIの「炎と森のカーニバル」 歌詞の中ではセカオワらしいファンタジーな世界が展開されますが、歌詞の冒頭で …

ホームタウン/My Hair is Bad【新潟のご当地ソング】

My Hair is Badの「ホームタウン」。 マイヘアの地元、上越への至極個人的な思い入れが、ポエトリーリーディングテイストに歌いこまれています。 曲はゆるめの雰囲気ではありますが、上越で過ごした原点を思い返し、更に先へ進もうとする力強い歌です。 上越…

電照菊/かりゆし58【沖縄のご当地ソング】

沖縄愛あふれるロックサウンドが眩しいかりゆし58から「電照菊」を。2019年5月のラジオ放送で、ご紹介した曲です。 電照菊、光で栽培した菊のことです。沖縄以外にも、愛知でも栽培が盛んだそうですね。それでもわかりにくいと思うので、こんな動画を…

休日/Dragon Ash【長野のご当地ソング】

ドラゴンアッシュ2000年のスーパーヒットナンバー「Deep impact」 リリース当時、よく聞いていたラジオ「やまだひさしのラジアンリミテッド」でパワープレイされていたことをよく覚えています。青春の番組や、しみじみ。 さてさてカップリング曲も忘れちゃい…

Welcome to 西宮/キュウソネコカミ【兵庫のご当地ソング】

兵庫県西宮発のコミックバンド キュウソネコカミ。 彼らが、10周年目のネズミ年である2020元日に満を持して放った地元ソング。それが「Welcome to 西宮」僕は常々、キュウソが地域を歌えば絶対楽しいと思って、ずっと待っていたので、曲を見つけたとき「つい…

鬼/クリープハイプ【千葉のご当地ソング】

クリープハイプの「鬼」津田沼の家で、彼女の浮気現場を目撃してしまった歌。 クリープハイプはメッセージ性のある歌も歌っているけど、この歌のような男女の悲喜こもごもこそが真骨頂だよなぁ。気になるのは、わざわざ津田沼という場所を、歌の世界に設定し…

HAMAMATSU/打首獄門同好会【静岡のご当地ソング】

打首獄門同好会の「HAMAMATSU」 その名のとおり浜松をテーマにした曲で、名物紹介的な歌詞になっています。 この曲の特徴はなんといっても、サビが浜松名物の“激練り”そのままになっているところ。激練りの解説含めてインタビューをご覧ください。 大澤:そ…

夕方のサマーランド/UlulU【東京のご当地ソング】

こんな素敵なポストがありました。地名が出てくる歌が、たくさん語られています。 リンク先の最後で紹介されている、UlulUの「夕方のサマーランド」という曲が最強に良い! サマーランドが、こんなにノスタルジーを引き出すワードになるなんてっ! 夕方のサ…

河原町駅/ドラマチックアラスカ【京都のご当地ソング】

今月、仕事でちょいちょいと京都に来ています。休日に観光でしか来たことなかったんだけど、日常の京都に触れてとても新鮮です。仏閣なんか全然いかず、飯もラーメン食ってます。八つ橋は買って帰るけど。 そんな訳で、京都の日常風景と男女を歌をお届け。ド…

道産子シーサー/GALAY【北海道・沖縄のご当地ソング】

北海道出身のGLAYと、沖縄出身のガレッジセールのコラボしたバンド「GALAY(ガレイ)」その唯一の曲、道産子シーサーをご紹介しましょう。 北の最果てと南の最果て、気候が全く違う2つの地域。それぞれ名物をかけ合わせたトリッキーな歌詞と、耳に残るキャ…

奈良に大きな仏像/レキシ【奈良のご当地ソング】

県ごとに、みんなが共通でイメージしているもの、ありますよね。実態はどうあれ「○○県といえばコレ!」みたいなやつ。 そんなものをまとめたリサーチサイト 「くにとりサーチ」というのがあります。 おそらく個人が、ネットで情報収集+多少は調査サービスを…

神戸無責任時代/ガガガSP【兵庫のご当地ソング】

ガガガSPは、要所要所で兵庫のことを歌っています。地元愛にあふれています。 ぶっちゃけ、この曲は神戸と何も関係ないんだけども「神戸」の冠をつける。 濃いめのメッセージ ✕ 強烈な地元愛 により強烈な熱を感じる一曲です。 何でもかんでも やりましょう…

青春の一番札所/チャットモンチー【徳島のご当地ソング】

彼女たちの出身地、徳島での学生時代を懐かしんだ歌「青春の一番札所」 徳島の色んな名所や名物が出てきて、めっさ地域性に溢れていてステキです!これぞネオご当地ソング。…と言いつつも、9年も前の曲だけど。歌詞はただの徳島の紹介にはとどまりません。…

江ノ島エスカー/ASIAN KUNG-FU GENERATION【神奈川のご当地ソング】

アジカンのアルバム「サーフ ブンガク カマクラ」。 このアルバムは、江ノ島電鉄の駅名を冠する曲だけで構成されているんだけど、江ノ島駅の名を持つ曲が、今回紹介する「江ノ島エスカー」。歌詞は、言葉が少なくカタコトな感じですが、埼玉のうぶなヤンキー…

どすえ~おこしやす京都~/ヤバイTシャツ屋さん【京都のご当地ソング】

京都文化は、よくメディアで取り上げられますよね。 周辺の関西圏を見下すプライドの高さや、それに基づいたいけず文化の話なんか特に。現代ビジネスからの引用ですが、言葉の裏を読み取らないといけないようです。こんなん全部気にしていたら、何を信じてい…

石巻復興節/くるり【宮城のご当地ソング】

2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、多くのアーティストが、売上げを支援に回すというチャリティソングをリリースしました。 そのため「復興」をテーマにした曲はたくさんあるのですが、地域を明確にした曲となると意外に絞られてきます。今回の曲は…

Supernova Express 2017/GLAY【北海道のご当地ソング】

今回の曲は、第4回のラジオ放送で紹介もしていた「Supernova Express 2017」です。 この曲は2016年に、新函館北斗駅まで開通した北海道新幹線のキャンペーンソングになった曲です。新幹線開通という国のビッグイベントの顔として、そして北海道の魅力を伝え…

Over the River/スネオヘアー【埼玉のご当地ソング】

スネオヘアーによる川越を舞台にした曲「Over the River」です。 スネオヘアー自身が学生時代に川越に住んでいた体験があるとの事で、その時の気持ちがベースになっているのでしょうか。 タイトルも地名にかけて River:川 Over:越えとなっています。 細道…

Winter,again/GLAY【北海道のご当地ソング】

GLAYは函館出身のバンドということで、これまで冬の景色をたくさん歌ってきました。そんな彼らの冬の代表曲といえば「winter,again」 生まれた街のあの白さをあなたにも見せたい この名フレーズが印象的ですね~。雪深い地元への愛を感じます。「雪と同じく…

赤い電車/くるり【神奈川のご当地ソング】

「赤い電車」それは、京浜急行電鉄。今回の曲は、くるりの「赤い電車」ですっ! 通るエリアは、品川、羽田、鎌田、川崎、横浜、さらにその先の三浦半島まで。大きな駅も通るのですが、とてもレトロであか抜けない、渋めの路線です。 歌詞の中では でっかい東…

平和島/B-DASH【東京のご当地ソング】

地域名をタイトルにした歌は、その場所への愛や、そこを舞台にしたストーリーが歌われている事が多いです。だけど時には歌と場所のつながりが分からないものもチラチラ。アーティストの制作時の狙いが全て分かればいいんだけど、昔の作品だと追いきれなかっ…

響く都/ROTTENGRAFFTY【京都のご当地ソング】

「古都のドブネズミ」の異名を持つロットングラフティー。京都発のバンドである彼らが、地元を歌った「響く都」をお届けいたしましょう。この「響く都」、軽快なバンドサウンドに乗せて、京都ワードを歌い鳴らすめっちゃご機嫌な曲です。京都を「クラシック…