若草山スターマイン/BURNOUT SYNDROMES【奈良のご当地ソング】

最近はまっている、BURNOUT SYNDROMES。今回の曲は、奈良の若草山で1月に行われる冬の行事「若草山山焼き」の花火大会を歌ったもの。その名も「若草山スターマイン」。 花火そのもの、祭り自体の心を歌っている曲です。これこれー!この手のいいのよね! お…

TOKAKUKA/秋山竜次【各地のご当地ソング】

この施設はどこが事業主なんだろう。都なのか?区なのか??…それが気になる。 そんな無意味な問答を歌った怪曲。ロバート秋山の「TOKAKUKA」 次から次へ公共施設が登場して、ロバート秋山が事業主を予測していきます。 MVで聞くのが多分一番楽しいね。 中で…

神戸在住/BURNOUT SYNDROMES【兵庫のご当地ソング】

BURNOUT SYNDROMESの「神戸在住」 大阪で飲んで、終電で神戸に帰る様子を歌った歌です。次々と思い出される神戸の町並に合わせて、微妙な関係の男女の悩みが歌われます。 言葉回しと淡々とした音楽から、グルグルと堂々巡りに悩んでいる様子、さらには酔いが…

優しいあの子/スピッツ 【北海道のご当地ソング】

2019年にNHKで放映していた朝ドラ「なつぞら」のテーマソング、スピッツの「優しいあの子」 朝ドラは、特定の地域が、主人公の故郷として設定されるので、その度に地域おこしが行われますね。「朝ドラの舞台になりました!」って。 この「なつぞら」は北海道…

渋谷で5時/鈴木雅之&菊池桃子【東京のご当地ソング】

鈴木雅之&菊池桃子という変わった組み合わせでお届けする、1993年のデュエットナンバー「渋谷で5時」 渋谷で、これからデートするぜー!っていう男女の様子を歌った曲です。渋谷ソングって、体感的にバブル以降に増えた気がするこら、これは古い部類の渋谷…

happy ending/槇原敬之【大阪のご当地ソング】

大阪万博跡地にあった遊園地、エキスポランドを舞台にした曲。槇原敬之の「happy ending」 幼い頃、遊園地であった悲しい出来事を、大人になって塗り替えていくストーリーになってます。遊園地って子供が大好きな場所だから、幸せな思い出の象徴・懐かしむ対…

阪急電車2DK/コレサワ【大阪のご当地ソング】

コレサワの「阪急電車2DK」 ダメンズが好きそうな匂いの女性の歌です。実家暮らしで、浮気っぽく、自分の事もしない男に対して「私がちゃんとするから一緒に暮らそうよ」という、破滅的なお誘いをします。おそろしや… お金もない若いカップルが、はじめて同…

原宿午後6時/フレンズ【東京のご当地ソング】

神泉系バンドの異名を持つフレンズ。神泉と言えば、シャレオツな飲み屋がたくさんあるエリア。そんな雰囲気のある曲が魅力です。 今回はフレンズから「原宿午後6時」 夜の原宿デートを楽しむ男子の歌。女の子ご相手に随分とお熱なことが伺える歌詞になって…

なのにあなたは京都へ行くの/チェリッシュ【京都のご当地ソング】

今回は、チェリッシュの「なのにあなたは京都に行くの」 チェリッシュは小さい頃、昭和記念公園で生で見ました。親が好きそうでしたね。僕も結婚パーティの入場曲に使ったり、愛着のあるアーティストです。 さて、この曲。京都に旅立つ恋人を惜しむ、女性視…

女ひとり/デューク・エイセス【京都のご当地ソング】

ご当地ソング関連ニュースから。 数々のご当地ソングも手掛けてきたコーラスグループ、デューク・エイセスのメンバーの吉田さんの訃報です。 記事の中では、デューク・エイセスの代表曲として「いい湯だな」「女ひとり」が紹介されていました。「いい湯だな…

瀬戸内 小豆島/水森かおり【香川のご当地ソング】

最近のご当地ソングトピックス。 ご当地ソングの女王といわれる水森かおりがデビュー25周年の中、新曲「瀬戸内 小豆島」をリリースしたよー、という記事。 最近、小豆島は作品の舞台になることや、地域活性化で話題になることが多く、注目が高まっている場所…

summer FM/GLAY【千葉のご当地ソング】

GLAYの「summer FM」。1999年の、FMをモチーフにしたラブソングです。 歌詞の中には「稲毛の浜」というフレーズが出てきます。 あまり、GLAYと千葉が繋がっているイメージはありませんよね。稲毛は、ボーカルのTERUがbayFMの番組「TERU ME NIGHT GLAY」をやっ…

炎と森のカーニバル/SEKAI NO OWARI【神奈川のご当地ソング】

2月8日のラジオ放送は「遊園地」をテーマにお届けしました。 遊園地が出てくる歌で、ご紹介できなかったこんな曲もあります。それがSEAKI NO OWARIの「炎と森のカーニバル」 歌詞の中ではセカオワらしいファンタジーな世界が展開されますが、歌詞の冒頭で …

恋の山手線/小林旭【東京のご当地ソング】

小林旭、昭和39年の名曲「恋の山手線」 山手線の駅名にひっかけた恋の歌で、語呂合わせが無理矢理で楽しいコミックソングです。この語呂合わせ、クオリティが大分まちまち。 デート誘いに池袋 日暮里笑ったあのえくぼ あたりは、うまいこと言っているけど 駒…

大阪暮色/桂銀淑【大阪のご当地ソング】

幼き頃、実家の車の中で父親がヘビーローテーションしていた一曲。桂銀淑(ケイ・ウンスク)の「大阪暮色」 当時はタイトルは全然知らなかったんだけど、大人になって聞いた瞬間に 「あ!すげえよく聞いた曲だ!」と思い出しました。 キッズだった私は、サビ…

やっぱ好きやねん/やしきたかじん【大阪のご当地ソング】

大阪を代表するご当地ソング、やしきたかじん「やっぱ好きやねん」 僕の「好き」の方言の二大巨頭は、 大阪の「むっちゃ好っきゃねん」 福岡の「好いとーと」 なんですが、大阪はこの曲によるイメージが大きいですね。けど「好いとーと」のが優勢かな。 ちな…

ホームタウン/My Hair is Bad【新潟のご当地ソング】

My Hair is Badの「ホームタウン」。 マイヘアの地元、上越への至極個人的な思い入れが、ポエトリーリーディングテイストに歌いこまれています。 曲はゆるめの雰囲気ではありますが、上越で過ごした原点を思い返し、更に先へ進もうとする力強い歌です。 上越…

思い出の交差点(feat.カテリン)/太田克樹【静岡のご当地ソング】

今年から、ご当地ソングにまつわるニュースの紹介もやっていこうかなと思います。 今回はこれ。静岡のTOKAIホールディングスのCM撮影で、ご当地ソングに合わせたダンスの撮影をしましたよーというもの。 この静岡のご当地ソング「思い出の交差点」。企業主導…

電照菊/かりゆし58【沖縄のご当地ソング】

沖縄愛あふれるロックサウンドが眩しいかりゆし58から「電照菊」を。2019年5月のラジオ放送で、ご紹介した曲です。 電照菊、光で栽培した菊のことです。沖縄以外にも、愛知でも栽培が盛んだそうですね。それでもわかりにくいと思うので、こんな動画を…

休日/Dragon Ash【長野のご当地ソング】

ドラゴンアッシュ2000年のスーパーヒットナンバー「Deep impact」 リリース当時、よく聞いていたラジオ「やまだひさしのラジアンリミテッド」でパワープレイされていたことをよく覚えています。青春の番組や、しみじみ。 さてさてカップリング曲も忘れちゃい…

東京/Mr.Children【東京のご当地ソング】

国民的アーティストMr.Childrenが紡ぐ、都会と、そこで生きる人の歌「東京」 特に印象的な歌詞。 思い出がいっぱい詰まった景色だってまた破壊されるから 出来るだけ執着しないようにしてる いや、インパクトありますね。 ミスチルは、たまにこの手の価値観…

Welcome to 西宮/キュウソネコカミ【兵庫のご当地ソング】

兵庫県西宮発のコミックバンド キュウソネコカミ。 彼らが、10周年目のネズミ年である2020元日に満を持して放った地元ソング。それが「Welcome to 西宮」僕は常々、キュウソが地域を歌えば絶対楽しいと思って、ずっと待っていたので、曲を見つけたとき「つい…

都営大江戸線六本木駅で抱き締めて/BEYOOOOONDS【東京のご当地ソング】

2019年のレコード大賞で、新人賞を取ったBEYOOOOONDS。ハロプロのアイドルです。 GReeeeN的な感じですね。 歌の舞台になっている都営大江戸線 六本木駅は、日本一深い地下鉄駅。若いカップルの「君のことを深く深く愛してるよー!」てな気持ちと、地下鉄の深…

鬼/クリープハイプ【千葉のご当地ソング】

クリープハイプの「鬼」津田沼の家で、彼女の浮気現場を目撃してしまった歌。 クリープハイプはメッセージ性のある歌も歌っているけど、この歌のような男女の悲喜こもごもこそが真骨頂だよなぁ。気になるのは、わざわざ津田沼という場所を、歌の世界に設定し…

HAMAMATSU/打首獄門同好会【静岡のご当地ソング】

打首獄門同好会の「HAMAMATSU」 その名のとおり浜松をテーマにした曲で、名物紹介的な歌詞になっています。 この曲の特徴はなんといっても、サビが浜松名物の“激練り”そのままになっているところ。激練りの解説含めてインタビューをご覧ください。 大澤:そ…

夕方のサマーランド/UlulU【東京のご当地ソング】

こんな素敵なポストがありました。地名が出てくる歌が、たくさん語られています。 リンク先の最後で紹介されている、UlulUの「夕方のサマーランド」という曲が最強に良い! サマーランドが、こんなにノスタルジーを引き出すワードになるなんてっ! 夕方のサ…

河原町駅/ドラマチックアラスカ【京都のご当地ソング】

今月、仕事でちょいちょいと京都に来ています。休日に観光でしか来たことなかったんだけど、日常の京都に触れてとても新鮮です。仏閣なんか全然いかず、飯もラーメン食ってます。八つ橋は買って帰るけど。 そんな訳で、京都の日常風景と男女を歌をお届け。ド…

Mt.ABURA BLUES/AL【福岡のご当地ソング】

andymoriのリニューアルバンド AL(アル)。 andymoriのサウンドをがっつり引き継ぎ、ときおり曲のなかに九州の風景が見えかくれするのも素敵です。ちなみに「PEACE」という曲がすごい好きでした! 今回の「Mt.ABURA BLUES」のモチーフは、福岡の油山。山とい…

109/AKB48【東京のご当地ソング】

2019年の秋は渋谷が劇的に生まれ代わりました。 10月:渋谷公会堂がラインキューブシブヤとしてリニューアル11月:シブヤスクランブルスクエア 渋谷パルコ12月:渋谷フクラス 都市機能が、続々とアップデートされています!}開発されたオフィスにはIT系企…

神田川/南こうせつ【東京のご当地ソング】

南こうせつ「神田川」 かぐや姫よりも、南こうせつの曲として吹き込まれて育ちました。 寒くなってきて、風呂の季節になると思い出す曲です。この歌の歌詞って結構ひどいんだよね。 カップルで一緒に銭湯に行って、女性の方が先に出て、外で震えて待っている…