伊豆あたりに/GOING UNDER GROUND【静岡のご当地ソング】

GOING UNDER GROUNDに出会ったのは、高校時代かな。
2000年台頭デビューだから、そうだね合ってるね。そのくらいだ。

その後、しばらく遠ざかっていて、ふと思い返して聞き出して、
また忘れたように離れていたけど、忘れたころに少しして聞き出したりして。
僕にとって、長いスパンで寄せては返す、穏やかな波のようなバンドです。

フェスでも何回か聞いているけど、2013年のライジングサンロックフェスでの深夜ステージは、個人的には伝説的に楽しかったです。最高の思い出です。

 

そんなGOING UNDER GROUNDの「伊豆あたりに」は、インディーズ時代の曲。
かなりのヴィンテージものだけど、彼ららしいおセンチさがぎゅっと詰まった傑作です。

そんな歌詞から読み取れる世界観。

都内で同棲するカップル、長く付き合っている中、いつの頃からかお互いの気持ちが離れていってしまい…お互いもちろん気付いている。それでも気付かない様に、ほつれを繕うように、暮らしは続いていく。

男は、終電で間際の東海道線に乗り込み、何となく伊豆方面へ向かう。
やり場のない思いから、ずっと一緒にいるのもつらくなって。
昔映画で見た朝日で照らされた海が見たくって。。。

人もまばらな夜の列車で、目的もなく、伊豆あたりへ向かう。
絶妙な空気感。
今も昔も、センチメンタルさにかけて追随を許しません!

残念ながらiTunesのリンクがなかったので、収録アルバムをご紹介。

GOING UNDER GROUND

GOING UNDER GROUND