神戸駅/ガガガSP【兵庫のご当地ソング】

駅は、誰かと再会する場所・待ち合せをする場所です。
これすなわち、駅は出会いの場所ということです。
その一方で、楽あれば苦あり。出会いあれば別れあり。
切ないことに、旅立ちや別れの舞台にもなります。

 

さて今回の歌。
アーティストはガガガSP。彼らは神戸出身という事もあり、神戸にまつわる歌をいくつか歌っていますが、取り上げるのはそのものズバリ「神戸駅」。

ガガガSPは、片思いや失恋といった僕の大好物テーマを、軽快なパンクに乗せて歌ってくれるので昔から大好き。僕の好きなものがよく分かっていて、お母さんかと間違えるくらいです。ヘタな歌も(失礼!)、それが搾りだした心からの本音に聞こえちゃって、歌詞の内容との相性も抜群です。

今回の歌「神戸駅」の中では、駅がかつて愛した人との思い出の場所でもあり、別れの場所としても描かれています。否が応でも誰かを思い出しちゃう場所。あらゆる思い出が集約しすぎちゃっている場所。
いやいや、切ないですねぇ…あると思います!

駅というと、「改札」というフレーズを使って鉄道での別れを想起させるものもありますが、この歌での別れはバスの窓越し。
深夜の高速バスのことなんだろうなぁ。見送ったのは23時半くらいなんだろうなぁ。
高速バスで旅立つっていうのがまた、お金のない感じ、夢を追いかけている感じ、若い感じ、色々醸しだしていて、青くさくて青くさくて最高です。

 あぁ、あぁぁぁ。青春の出会いと別れよ。

神戸駅

神戸駅

  • ガガガSP
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes