2人を結ぶジャンボフェリー/早見にな【香川のご当地ソング】

今回は、ちょっとニッチなご当地ソング。
フェリーの中で流れる曲をご紹介します。

瀬戸内海を渡り三宮~高松を結ぶ、ジャンボフェリーの船内で流れるテーマソング、
曲名はズバリ「2人を結ぶジャンボフェリー」です。
(2人って誰と誰やねん。)

学生の頃、高知のよさこい祭りに参加するために、
青春18きっぷを使って、仙台から高知まで鈍行列車を乗り継いで移動しました。
20前後の若い体だから耐えられましたが、今思うと体力的に地獄の旅でした。
今やったら体が砕け散りますね。爆散しますよ。

仙台を始発で飛び出し、ひたすら電車に揺られ、夜にはなんとか三宮まで辿り着きます。三宮からはこのジャンボフェリーの出番! 船で、夜のうちに四国入りをします。

始発に乗るために朝4時起きの疲れ切った体で、深夜1時になんとか乗船。
舟に乗ったら乗ったでテンションが上がり、気付けば3時くらいまでおしゃべりして眠りにつきましたが、高松に着くのは5時前!
なんと…2時間も寝れないではありませんか!

「もっと寝かせてよ…」

と悲鳴を上げる体に向けて、船内では容赦なくこの歌が爆音でリピートされ続けます。
脳に響き渡る大音量で強制的にたたき起こされた僕らは、まだ薄暗い四国の地に放り出されたのでした。

しかし翌日、元気に四国観光をする学生の姿が!

本当に驚異の体力でしたね。
今やったら、体がはじけ飛びますね。爆散ですよ。

 

トラウマの様に耳に焼き付いている曲。
それがこの「2人を結ぶジャンボフェリー」
ジャンボフェリーに乗る機会がある際には、是非深夜便をお試しいただき、
この曲でたたき起こしてもらってください。