どすえ~おこしやす京都~/ヤバイTシャツ屋さん【京都のご当地ソング】

京都文化は、よくメディアで取り上げられますよね。

周辺の関西圏を見下すプライドの高さや、それに基づいたいけず文化の話なんか特に。現代ビジネスからの引用ですが、言葉の裏を読み取らないといけないようです。
こんなん全部気にしていたら、何を信じていいのかわからなくなるで…

  • 「きれいなネクタイしてはるなあ」
     →「派手なネクタイして、あんた何考えてんの」
  • 「何を着ても似合わはりますなあ」
     →「そんな格好して、恥ずかしゅうないんかい」
  • 料亭でうんちくを垂れる客に「よう知ってはりますなあ 
     →「つまらんこと言わんと、黙って食べたら」
  • 子連れの親に「元気のええお子さんやな。子供は元気が一番や」
     →「静かにさせなさい。どんな躾してるんや」
  • 京都の外から移住してきた家の庭を見て「綺麗にしてはりますなあ」
     →「毎朝掃除せんかい。草ぐらいむしり」

関西住んだことないから真偽のほどはよく分かりませんが、
こんな数々の京都文化が詳しく書いてある本もあります、なかなか面白かったです。

京都ぎらい (朝日新書)

京都ぎらい (朝日新書)

 

前置きが長くなりました。

そんな独特の京都文化をいじり倒すのが今回の曲。
ヤバイTシャツ屋さんの「どすえ~おこしやす京都~」

え?いいんですか?ぶぶ漬け頂いてもいいんですか?
え?ピアノが上手いですか?まじですか?もっと弾いてもいいですか?
大音量出していいんですか?
え?いいんですか?子供が元気でいいですか?
外で騒がせちゃってもいいんですか?

というCメロがヒドイ 笑

ボーカルが京都出身ということを歌詞中でも言っているのですが、この
 「分かったうえであえて言っているんだよ~!」
 「ただのいじりじゃないよ~!」
という予防線は効果があるのでしょうか。

地元民が分かってて言っているならセーフという謎免罪符。

どすえ 〜おこしやす京都〜

どすえ 〜おこしやす京都〜

  • ヤバイTシャツ屋さん
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes