宮城のうた/カラーボトル【宮城のご当地ソング】

仙台出身のロックバンド、カラーボトル。
彼らが満を持して歌う、故郷の歌「宮城のうた」

ゴリゴリにご当地ソング感のあるタイトルですが、歌詞ではご当地性はほどほどです。というのも、歌の世界の舞台は宮城ではなく、離れた場所から懐かしむ形で歌われているから。宮城は、故郷のシンボルとして扱われています。

この歌のとても印象的なフレーズは、各サビの結びです。

もし一つ願いが叶うなら
あの人に会いたい

1番の結びはとてもシンプル。
地域を懐かしむ理由を考えた時、多くの人にとって1番の理由は、その風景に大切な人・大好きな人がいたからではないでしょうか。「君をのせて」的な感じ。

もし一つ願いが叶うなら
あの頃に戻りたい

これも、郷愁の心としてはとてもオーソドックスな気持ちだと思います。ただ、僕はあまり聞きたくないフレーズです。
何らかの選択の末に故郷を離れている中、「あの頃は良かった」という気持ちで生きていくのは、過去の選択と今の自分に失礼な気がするから。この考え方は、宮城出身でもある伊坂幸太郎の小説「砂漠」から教わりました。

もし一つ願いが叶うなら
あの人と踊りたい

最後にこのフレーズはズルい。この曲を初めて聞いた時、首を100回くらい縦に振りましたよ。僕が宮城で暮らした日々を思い出して感じることは全く同じ。
「またいつか、みんなと踊りたい」です。

是非。超おすすめです。

宮城のうた

宮城のうた

  • カラーボトル
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes