飛騨の吊橋/山口百恵【飛騨のご当地ソング】

山口百恵の「飛騨の吊橋」。
1977年のナンバーです。

歌の世界は、かつての田舎が舞台となっています。

吊り橋を誰か渡る
淋しい音が夜をふるわせる
あの人も橋を渡り
街に行って戻らないの
飛騨の山は静か今年も大雪よ
便りも途切れたの
忘れてしまったの
街の女性は きれいでしょう
この私より

昭和でもあり得た光景かもしれませんが、
日本昔ばなし的にすら感じてしまう程、スーパー古風な世界観が描かれます。

これほどまでにクラシックな世界観を、
まだ10代の女性が歌いこなしているんだから感服します。

ちなみに山口百恵は、「炎の舞」という映画で、結ばれる前の三浦友和と吊橋ロケをしていたそうです。その吊橋は縁結びの地としても知られるようになったとか。こちらは静岡の川根本町の「久野脇橋」とのこと。

複数の吊橋に縁があるというのも、また面白いですね

飛騨の吊り橋

飛騨の吊り橋

  • 山口 百恵
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes