ホーム

「ご当地ソング捜索隊」は、日本各地に散らばるご当地ソングを日夜捜索して、紹介していくサイトです。

世間一般的な「ご当地ソング」よりも広義に「地域に縁のある歌」と解釈して、
定番曲から新世代の音楽まで、あらゆるジャンルの曲をあらゆる手段を使って集めまくります!

wikipedia先生による「ご当地ソング」の解説

ご当地ソングは、主に日本歌謡曲ポピュラー音楽演歌民謡のジャンルで、タイトルや歌詞に都市名・地方名や各地方の風習・文化・地形に関する事柄などを取り入れることで、地方色や郷愁などを前面に打ち出した楽曲である。「ご当地ソング」という言葉は、美川憲一の『柳ヶ瀬ブルース』(1966年)が評判になり始めた頃、発売元のクラウンレコード(日本クラウン)の宣伝担当者が使い出して広まったとされる。大正後半から昭和期にかけての流行歌の1ジャンルである新民謡も、遡ってご当地ソングと言われることがある。 

ご当地ソングの原体験

わたしは東京出身です。(八王子ですけど…)
幼いころ、テレビではサトームセンのCMが鬼の様に流れていて、小学校の誰もがこのCMソングを歌えました。それが秋葉原の電気屋の曲だとあまり理解していなかったのですが、イケイケのタイガーが繰り出すタップダンスをマネしたものです。
さすがに中学なるとやらなかったけど。
後になって、この歌は東京の人しか知らないと知りビックリしました。

大学に進学した私は仙台に住み始めます。
そこで、仙台の人はみんな八木山ベニーランドのテーマソングが歌えることを知ります。昔からCMで流れていて日常に染み込んでいたんです。東京では誰も知らないのに、地域にだけ伝わる合言葉のように。
ベニーランドの歌を覚えると、仙台人の仲間入りができた気がしました。

CMソングの話ばかりしちゃいましたが、
地域の人達だけが共有している、一子相伝な曲がたくさん埋もれているんですよね。時には地域に生きる本人たちすら気づいていない、深く地域に染み込んだ音楽。
これに気づいた瞬間、ぐっと人は近づけます。そんな不思議なパワーがあるんです。 

いざ、捜索開始!

そんな、地域への愛と願いに溢れて、人を結ぶパワーを秘めたご当地ソング。
たくさん探し出し、夜に送り出し、みんなで歌い合い語り合いたい!
そんなことを目指して、捜索を行っています。

こんな駄文を、ここまで読んでしまったからには、あなたも捜索隊の一員です。
なんでもいいので、情報お待ちしています!!